読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走る薬剤師 大徳秀幸 パーソナル

走る薬剤師 大徳秀幸 パーソナル

目がさめて

目がさめて

 

あー

夢だったのか

 

とホッとして、

 

しだいに頭がハッキリとし

現実を見た時に…

 

あぁ〜

もう一度さっきの夢に

 戻ったほうが

 

まだマシだわ

 

と、布団をかぶってしまう朝

 

f:id:lukes_93:20161226233036j:image

 

 

周りのひとのお役に立ちたい

周りのひとの

お役に立ちたい

 

そう思って生きてきた。

 

今どうだろう?

 

お前はもう必要ない

 

代わりはいくらでもいるから

 

と、そういう声が聞こえてくるのだ。

 

なんて虚しいんだ

 

ただただ、一生懸命に

 

その先には

きっといいことが待っているだろう

 

そう思ってきたけれど

 

光は見えてくるかな。。。

 

 f:id:lukes_93:20161217231201j:image

 

 

どうにもならないこと

世の中には、
自分の力では
どうにもならないことが
ありますよね。

 

自分が
いくら努力しようとも、

 

なにかをかえようと
しようとも、

 

まったく手が届かないこと。

 

まったく状況が変わらないこと。

 

ただただ、
みまもるより
仕方のないこと。

 

こういう時、どうしますか?

「もうひらきなおるしかないよね…」

て言う、そういう時です。

 

はてさて
わたしなら
どうするか!?

 

あなたなら
どうされますか!?

 

f:id:lukes_93:20161211170759j:image

第9回いすみ健康マラソン〜増田明美杯〜 行ってきました〜♪

第9回いすみ健康マラソン〜増田明美杯〜
行ってきました〜♪

 

母の追悼ランです!

 

この大会は
想い出がいっぱいの大会です。

 

第1回から参加させていただき、
母と走った想い出がイッパイです。

 

第1回は2kmファンラン
第2回は5kmの部
親子で走りました。

 

第3回からは
母は応援係でした。

 

大会の帰りに
太東岬の灯台に行ったのも
懐かしい想い出です。

 

母は、今年の9月に他界し、

今回の第9回の大会は、
母の追悼ランです。

 

母がウォーキングポールを使って
走っている姿を

 

私の大学の同級生の内藤くんの
娘さん内藤早紀子ちゃん
(当時、中学生選手)が

 

私が送った年賀状の写真の中に
見つけてくれて、


「私この女のひと知ってるよ!
いすみで走ってたよ!」

 

それ以来、
内藤くんと二人同窓会


毎年いっしょに走っています。

 

増田明美さんも
成田高校時代に
学年ひとつ違いで

 

その頃の活躍ぶり
リアルタイムで拝見していました。

 

増田明美さんの大会だから
出てみようよ!
って、
母と参加したのです。

 

いろんなご縁のある
大好きな
大会です。

 

今回は、
あまり走っていなかったので
体重もだいぶ増えちゃって、

 

「タイムオーバー」&「収容」覚悟で
いけるとこまで走ろうと思っていました。

 

最後尾を走っていたら


後ろから

「大丈夫ですよ〜、
もっとゆっくりでも!」

 

と声をかけてくださった方が…

 

振り返ると
ゲストランナーの吉田香織さん!

 

「10キロは制限時間ないそうですよ、
大丈夫、完走できますよ!」

 

嬉しくなりました!
ありがとうございます!

 

とにかく完走しよう!!

いま出せる精一杯のチカラで
ゴールしました。

感謝!!

 

青空を見上げたら
母の笑顔が
みえました(^◇^)v

 

f:id:lukes_93:20161211171819j:image

大学の同級生 内藤くんと

f:id:lukes_93:20161211171841j:image

ゲストランナーの吉田香織さん

声かけてくださって

ありがとうございます(^◇^)/

f:id:lukes_93:20161211171859j:image

ゲストランナーの吉田香織さんが撮ってくださいました〜♪

f:id:lukes_93:20161211171932j:image

〜母と走った第1回大会〜

f:id:lukes_93:20161211171951j:image

〜母と走った第1回大会〜

f:id:lukes_93:20161211172013j:image

〜母と走った第1回大会〜

 

 

あいつの年末商戦

f:id:lukes_93:20161124152006j:image

用事をすませるために

地元のイオンショッピングセンターへ。

 

11月下旬ということもあり

年末商戦へ向けて

あちらの売場も

こちらの売場も

模様替えをしていました。

 

ああ、

あいつも元気なら

今ごろ

こうやって

働いていたんだろうな〜

 

売り場作り

大好きだったからな…

 

急に切なくなって

売り場を後にしました。

 

 

 

 

知足

f:id:lukes_93:20161118091455j:image

「知足」(ちそく)
という言葉があります。

「足るを知る」
ということです。

つきない欲望。

買っても買っても
キリがない物欲。

自己中心で
まわりを思いやれない。
身勝手さ。

充分
経済的に満たされているはずなのに
もっともっと欲しがる。

早くそういうことから
さよならしたいです。

よくばりは
けっきょく
心が貧しいのです。

 

 

回想法

f:id:lukes_93:20161118093803j:image

『回想法』

認知症の治療に効果があるようです。

私も母の介護をしていた時、
母の反応をみて確信しました。

昔の写真や音楽にふれると
イキイキと話しをし始めました。

人間の脳のメモリー
想像をはるかに超えています。

認知症だからって
赤ちゃんに戻ってしまったわけでは
無いのだと思います。

周りには理解されなくとも、

本人のなかでは、

すべてのことが

辻褄があっているのです。

できるだけ、
否定しないであげてください。

そっと
寄り添ってあげてください。

 

 

http://www.nhk.or.jp/archives/sp/kaisou/